長男の英語嫌いは、中1の1学期からでした。

長男の担任が英語の担当教師で、ここでは詳しくは書けませんがその先生が嫌いと思う生徒に対して、いじめる・・・とまではいきませんが、嫌味を言ったり、理不尽なことを言って責め立てたりするような先生でした。
その先生に、長男は目をつけられてしまい、どんどん英語が嫌いになっていきました。

英語=その先生という図式が長男に出来上がってしまい、

先生を嫌い=英語が嫌い

になってしまったんです(汗)

中学2年になって、担任は違う先生になりましたが、やっぱり英語は1年のときの担任。
その先生のひどさもエスカレートしてきて、私も学校に相談したほどでした。
当然、長男はどんどん英語が嫌いになり、塾に通っていても英語がどうにもこうにもダメダメでした。

そのうち、英語の先生の行動がひどくなっていき、クラスメイトの子どもさんやお母さんなどにまで「あまりにもひどい」と言われることもしばしば。
夫と一緒に、学校に相談したりして2年生の終わり頃には、先生自体の行いはかなり改善されてきたようだったのですが、もう後の祭り状態に・・・。
本当に長男は、英語が嫌いになってしまっていました。

そこで、英語は本当は楽しいんだよ!ということを長男にもわかってもらって、高校受験対策もしていかなくては・・・と思い、中3になる前に、スピードラーニング・ジュニアを始めることにしました。

最初は、ものすごくイヤイヤな感じでしたが、次第に自分から取り組むようになってきました。
そんな長男の変わり具合(笑)も、こちらに書いていこうと思います。

長男が受講しているコースはこちらです『スピードラーニング・ジュニア』
お父さん・お母さんにはこちらがオススメ『スピードラーニング英語』